FANDOM


Normal Event mini 1/3

Summer Sky*Galloping Cheval Live Ritsu Sakuma Normal Event 1
"すや、すや……♪ う~……肩を『ゆさゆさ』しないでよ。こっちは気持ち良く寝てるのに安眠妨害なんだけど?え~……いいから起きろ?こんなところで寝てたら通行人の邪魔になるって?"
Choice 1 今日はひとりなの?
Are you alone today?
Possibility 1 Character response: "ううん、途中までま~くんと一緒だったんだけど。あっれぇ、どこ行っちゃったんだろ?Anzu、ま~くんを見てない?あ~……コンビニから出てきた?飲み物、買ってきてくれたのかも。さすがま~くん、気が利くなぁ……♪"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "うん。ま~くんは生徒会の仕事があるとかで先に行っちゃったんだよねぇ。俺を優先させるべきなのに、酷い幼なじみだと思わない?『そんなことない』って、何でAnzuもま~くんの肩を持つの?"
Result: Red Fragments
Choice 2 学校まで送ればいいんだよね
Possibility 1 Character response: "なぁに、Anzu。もしかして俺をおんぶしてくれるの?嬉しいけど、足がガクガクしてるし無理しなくていいよ。あ~……面倒だけど、起きる。Anzuは俺の手ぇ引っぱってくれるだけでいいからね。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "ううん、学校じゃなく家まで送って~。方向が違う?あぁ、Anzuは学校に用事があるんだっけ。俺はもう今日は学校はいいやって感じ、だから家まで送ってくれると嬉しいんだけど~。"
Result: Blue Fragments


Normal Event mini 2/3

Summer Sky*Galloping Cheval Live Ritsu Sakuma Normal Event 2
"…………ん?あぁ、Anzu。おい~っす♪ えっ、具合が悪いんじゃないかって?ど~だろ、夏はいつもこんな感じだし。日が沈めば元気になるから心配しないでよ。"
Choice 1 甘酒を渡す
Pass the amazake
Possibility 1 Character response: "えっ、何で甘酒……?ふぅん、甘酒は熱中症対策に効果的だから?いや、熱中症じゃないんだけど。でもまぁ、くれるっていうならもらう。ごくごく……。うん、甘くてまぁまぁ美味しい♪"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "……?何これ、甘酒?べつに嫌いじゃないけど、飲むなら冷たいのが良かったなぁ。生ぬるいから、あんまり美味しくないし。"
Result: Yellow Fragments
Choice 2 味噌汁を渡す
Pass the miso soup
Possibility 1 Character response: "ふぅん、味噌汁が熱中症対策になるからって?冷たいもののほうがよかったけど、そんなに勧めるならちょっとは飲んでもいいよ。うん、まぁまぁかな。案外温かいものでもいけるんだねぇ……♪"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "いや、いきなりほかほかの味噌汁を渡されても困るんだけど。暑いのに味噌汁とか、ありがた迷惑だよねぇ。それより冷たくてしゅわっとするやつがいい。ちょっ早で買ってきてよ、Anzu。"
Result: Red Fragments


Normal Event mini 3/3

Summer Sky*Galloping Cheval Live Ritsu Sakuma Normal Event 3
"う~……もう夕方なのに何で日が沈んでないの~?兄者に押しつけられた日傘があるから歩いて帰れなくもないけど。完全に暗くなるまで、どっかに潜んでようかなぁ……?"
Choice 1 今から帰りなの?
Are you going home now?
Possibility 1 Character response: "あれ~、Anzuじゃん。えっ、良かったら途中まで一緒に帰らないかって?ん~……まぁいっか。いや、本当は日が沈んでから帰ろうと思ってたんだけどさぁ。もし俺が途中でぶっ倒れたら家まで運んでね。約束だよ、Anzu。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "いや、帰る予定だったけど変更して暗くなるまでいようかなぁって。ん?完全下校時刻を過ぎても学校にいたら先生に怒られる?大丈夫大丈夫、見つかるようなヘマはしないから。じゃあね、Anzu。ばいば~い。"
Result: Blue Fragments
Choice 2 家まで送って行こうか?
Should we send you home?
Possibility 1 Character response: "う~……助かるけど、送ってもらわなくて大丈夫。いくら夏で日が長いって言っても、俺を家まで送って行ったら暗くなっちゃうし。Anzuだって女の子なんだから、夜道を歩かせるわけにはいかないもんね~?"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "あ~……じゃあ、お願い。ごめん、待って。思いだしたんだけど、今日は兄者が家にいる日だった。よし、やっぱり家に帰るのはやめよう。そういうわけで送ってくれなくていいからねぇ。"
Result: Yellow Fragments
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.