FANDOM


Normal Event mini 1/3

Opening★The Fortune Banquet Live Tsukasa Suou Normal Event 1
"Anzu さん……。ふふ、何だか気恥ずかしいですね。最初のころはお姉さまのこと、Anzuさんとお呼びしていましたけど。すっかりお姉さま呼びに慣れてしまいました♪"
Choice 1 お姉さまのほうが気恥ずかしくないかな?
Possibility 1 Character response: "えっ、そうでしょうか?あんまり気恥ずかしい感じはしませんけど。私だけの呼称という感じがして大変、気分が良いです。ですのでお許しいただけるのなら……これからもお姉さまと呼ばせてください♪"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "気恥ずかしくはありませんよ。ですが、お姉さまが気恥ずかしいと感じるようでしたら『お姉ちゃん』と呼ばせていただいても……。えっ?そっちのほうが気恥ずかしい?では変わらず、お姉さまでお願いします。"
Result: Blue Fragments
Choice 2 私はまだちょっと慣れないかな
Possibility 1 Character response: "ふむ。お姉さまと呼ばれるたびに気恥ずかしく感じている、と?あぁ、弟さんからは基本的に名前で呼ばれていると言ってましたもんね。Anzuさん……。ふふ、今ではこちらのほうが気恥ずかしく感じてしまいます。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "えっと、やはり馴れ馴れしいでしょうか?お姉さまはそんなことはないと言ってくれましたけれど、血縁はありませんし。……恥ずかしいだけ?では、今後も変わらずお姉さまと呼ばせていただきますね。"
Result: Red Fragments


Normal Event mini 2/3

Opening★The Fortune Banquet Live Tsukasa Suou Normal Event 2
"えっ、お姉さま。今日は待ち合わせにギリギリだったね、と?お姉さまはだいたい三十分前にはいますし、お待たせしてしまいましたよね。忠実な騎士の名折れです。どんなお叱りでも、お受けいたします。"
Choice 1 理由を聞きたかっただけだから
Possibility 1 Character response: "えぇっと、理由……ですか?お恥ずかしい話、Gameに夢中になって遅刻しそうになったのです。春川くんが何度も時間は大丈夫なのかと聞いてくれたのですけどね、己を制御できない私はまだまだ未熟者です。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "理由……あの、怒らないで聞いていただけます?えっ、怒られるような理由なのかと?そうですね、そのような理由だと思います。うう、すみません。海よりも深く反省いたします。"
Result: Yellow Fragments
Choice 2 私も今日はけっこうギリギリだったんだ
Possibility 1 Character response: "だから、気にしないでほしいと?ふふ、お姉さまはやはり優しいですね。慈愛に満ちた女王、なのですね。おや、また照れてらっしゃるんですか。たいへんCuteです……♪"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "ふむ、お姉さまにしては珍しいですね。『S3』……?あぁ、『S3』が新設されてお姉さまも大忙しですよね。それなのに私に付きあっていただいて、感謝いたします。"
Result: Red Fragments


Normal Event mini 3/3

Opening★The Fortune Banquet Live Tsukasa Suou Normal Event 3
"うう……正座をしていたので、足が痺れてしまいました。……おや、お姉さま!ふふ。本日もお顔を拝見できて司は嬉しいです!えっ?どこか具合が悪いのかと?"
Choice 1 呻き声が聞こえたから
Possibility 1 Character response: "いえ、具合は悪くありません。先ほどの呻き声ですが、先輩がたに正座させられてしまって……。無論、私にも非はあります。まぁ、正座って屈辱的なので次はそうならないよう気をつけたいですね。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "き、聞いていたのですか。先ほどの呻き声は先輩がたに正座させられたことについてというか……。 あぁ、悪いことをして叱られたわけではありませんので、ご心配なく。"
Result: Blue Fragments
Choice 2 …………
Possibility 1 Character response: "あっ……。お姉さま、照れてらっしゃるんですね。ふふ、お姉さまの耳が林檎のように赤くなっています。臆面もなく会えて嬉しいと言われたら当然の反応だと?ですが不快ではないのですよね。それなら安心いたしました♪"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "あのう、お姉さま。なぜ私から目を逸らすのですか?恥ずかしいことを言われたので、思わず目を逸らしてしまったと?私、何か恥ずかしい発言をしたでしょうか。今後、注意しますので……教えてくださいお姉さま。"
Result: Yellow Fragments
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.