FANDOM


Normal Event mini 1/3

Cacophony◆Whirling Horror Night Halloween Izumi Sena Normal Event 1
"あっ、Anzu。こんなところで何してんの?俺は今お菓子づくりをしてたとこだけど……。っていうか今はここの予約は俺たちだけのはずだけど?"
Choice 1 な、ナイフを向けないでください!
Please don't point the knife!
Possibility 1 Character response: "ナイフじゃなくてスプーンなんだけど……。一瞬ナイフに見えたって?何それ、もうお昼も過ぎてるのに寝ぼけてるんじゃないの?"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "ナイフ……?あぁ、そういえばかぼちゃを切るのに使ってたんだっけ。ハロウィンといえば、ジャック・オ・ランタンでしょ。ステージにもたくさん飾るらしいから、あんたもぼさっとしてないで手伝ってね。"
Result: Blue Fragments
Choice 2 ちょっとだけ……
Possibility 1 Character response: "ん?忘れもの……?……ライブで必要なものだけらって?そんな大事なもの忘れちゃ駄目でしょ。早く探しなよ。ほら、それでどんな忘れものなの?見つけたら教えであげるから。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "もしかして偵察?ふん、まぁいいけどね。あんたが見たって俺たちの実力は変わらないし。ん?そうじゃないって?じゃあ何しに来たの?"
Result: Red Fragments


Normal Event mini 2/3

Cacophony◆Whirling Horror Night Halloween Izumi Sena Normal Event 2
"ふふふ……♪ うふふふふ……♪ なぁに、Anzu?ずいぶんご機嫌ですねって?やるからには最高傑作をつくりたいからねぇ?今回一番のお菓子をつくるのは俺たちだよぉ♪"
Choice 1 手伝いましょうか?
Would you like help?
Possibility 1 Character response: "いや、あんたに手伝ってもらう必要はないんだけど。俺たちのことより『Trickstar』のほうを見てあげたほうがいいんじゃないの?でもまぁ、あんたの気持ちは嬉しかったから。ありがとうってお礼は言ってあげるよ。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "あっ、こら!勝手に手伝おうとしないで!これはいいの、俺たち『Knights』としてのお菓子だからね。俺の手伝いはいいから、自分の仕事をしなよ。"
Result: Yellow Fragments
Choice 2 どれも美味しそうですね
It looks delicious
Possibility 1 Character response: "ふん、俺がつくったんだから美味しそうなのは当然でしょ。ていうか、見た目だけじゃなく味もすっごく美味しいから。疑うなら食べてもいいよ。あっでも、一口だけだからねぇ?"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "ちょっと、つまみ食いしようとしないで。……もしかしてお腹空いてるの?それなら別に試作のお菓子もあるから、そっちなら食べてもいいけど?"
Result: Red Fragments


Normal Event mini 3/3

Cacophony◆Whirling Horror Night Halloween Izumi Sena Normal Event 3
"ん?あんたまだ残ってたの?俺もそろそろ切り上げて帰るところだけど……。もしかして『Trickstar』もまだ残って練習してるの?"
Choice 1 もうすこし残ります
Possibility 1 Character response: "ふぅん、そう……。がばってるみたいだねぇ?もしかして夜食をつくりに来たとか?これ、俺がつくった軽食だけど持って行く?この時間、俺はそんなに食べないしねぇ?"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "あぁ、そう。ほどほどにねぇ……?って俺言うことじゃないけど。【ハロウィンパーティ】当日を俺も楽しみにしてるから。"
Result: Blue Fragments
Choice 2 もう帰るところです
Possibility 1 Character response: "そう、じゃあ早く戸締りするから出てってくれない?あぁ、明日の準備をしていきたいの?それなら早くしてようねぇ。どうせAnzuも帰るなら一緒に戸締りして帰ってあげるから。"
Result: Trust Up
Possibility 2 Character response: "じゃあ一緒に帰る?まぁ夜だし、途中までなら送って行くけど?明日の準備をして帰るから先に帰ってって?わかった。それじゃあ、ここの戸締りは任せるからよろしくねぇ?"
Result: Yellow Fragments
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.